Topページへ お問い合せ
最新情報
 
年賀状は松の内(1月7日)までに出すものですから、その時期を過ぎると一般的にはだしません。
寒中見舞いは、寒の入り(1月5日)ごろから立春の前の日(2月4日)ごろまでの厳寒期に、相手の健康を気遣う便りを出し、お互いの近況を報告しあう、季節の挨拶状です。

最近ではお正月を海外などで過ごす家族も多く、お正月に届けられた年賀状の返礼に困る事も多いようです。もし、松の内に間に合わないようでしたら、寒中見舞いとして挨拶をしましょう。

喪中はがきは正式には「年賀欠礼状」といい、「喪中の期間のお正月に新年を喜ぶ挨拶を、こちらよりは控えます」という意味の挨拶状のことです。
喪中だから年賀状は送らないで下さい、という意味合いの案内状ではありません。喪中であっても年賀状を受け取る事に問題ありませんし、毎年送られてくる年賀状を楽しみにしているものです。
しかし、喪中の時に年賀状を頂いた場合の返礼はどうしようかと考えます。喪中案内を返礼とだすわけにもいかず、寒中見舞いを返礼としてご利用下さい。

 印刷と同時の申し込みで、宛名書きサービスも利用頂けます!

あて名書き印刷はこちら


画像をクリックすることで拡大画像が表示されます

001

002

003

004

 001

 002

 003

 004

005

006

007

008

 005

 006

 007

 008

009

010

011

012

 009

 010

 011

 012

013

014

000

000

 013

 014

 

 


 サンプルはカラー印刷の料金となります。

 

- HOME - サイトマップ - 撮影会・教室 - サービス案内 - 店舗情報 - 会社概要E-MAIL -
Copyright (C) 2005 Photoland Center,Inc. All Rights Reserved.